客側から見た、アルバイト社員の気になる行動を検証し改善しよう

生活をしていく中でスーパーやコンビニ、ファミリーレストランなどに立ち寄った際に必ずといっていほどアルバイト社員の方が働いていて、活躍している姿を目にします。しかし活躍している一方、気になる行動や大丈夫なのかと思わせる行動をしている姿も多々見受けられることと思います。そこで今回はアルバイト社員の気になる行動を考え、今後のアルバイトに生かして欲しいと思います。

過剰な会話

スーパーやコンビニなどを訪れた際に一番気になるのが、店員同士が過剰に会話をしていることです。仕事に関する話なら何の問題もありませんが、自分の生活のことや、そこにいない第三者のことなどをレジの中などで話されていると仕事をしっかりとしていなそうに見える上、自分の知らない人が多々訪れる店内で個人に関わる情報を話していて、不快な思いをする共に危機意識の低さを感じてしまいます。そのことからまずは今一度仕事をしているという自覚を持ち直し、周りの人に気を配れるよう意識していく必要があります。

知識不足

次に買い物をしようと店舗を訪れた時に気になるのがアルバイト社員の知識不足です。よく目当ての商品が何処にあるのか分からず、店員に尋ねると、「担当外」「アルバイトだから」といういい訳をしながら一緒に探している姿を目にします。しかし担当外やアルバイトだからといっても店舗で働く以上、大体の物が何処のエリアに陳列されているかぐらいは最初に覚え、お客様にいつでも対応できる知識ぐらいは身につけておかなければなりません。アルバイトであることから必要以上に知識を身につける必要はありませんがその店舗で働いている以上、初期のお客様対応はいつでもできるようにしておく必要があります。

制服の着こなし

最後に気になる点が、服装の着こなし方です。様々な店舗に訪れた際、この服装一つで正社員かアルバイトか見分けがつくといっても過言ではありません。アパレル関係や美容師など容姿に関する仕事をしているならまだしも、飲食店や食品関係の店舗で働いている人に制服の着こなしに個性はいりません。 そのことから、まずは一番重視されることは制服を正しく着こなして清潔を保ち、お客様に不快感を与えないことだということを今一度理解して、アルバイトをしていく必要があります。

まとめ

ここまで色々と話してきましたが様々な店舗を訪れた際に多くのアルバイト社員が活躍していて欠かせない存在になっていますが、その一方、仕事中に制服を個性的な着こなしをしたり、過剰な会話をしていたり、その店舗の対しての知識が不足している人がいることも事実です。しかしこれらのことは自分のちょっとしたアルバイトへの考え方や、働いている姿がお客様にどう思われているのかを知ることで簡単に改善することができます。