コレだった!学生が考えているアルバイトに対して重視すること

そもそもアルバイトと言うのは様々な年代の人が、自分のあいている時間に手軽に働けるもので、アルバイトに対して重視していることが様々な年代の人がいることから違ってきます。しかしこれを若年層の学生に限定して見てみるとアルバイトに対して重視していることが自ずと見えてくるのです。そこで今回はアルバイトに対して学生が何を重視して働いているのか考えていきたいと思います。

できるだけ高収入なこと

学生はアルバイトをする前に当然ながら学校に通わなくてはいけないので、収入源として一番大切なのがアルバイトになってきます。 そんな限られた時間の中で収入を確保しなければならないとなると自ずと高収入であればそれに越したことはありません。このことから仕事が楽なことよりも、多少の厳しい労働でも同じ時間働いて収入が多ければそちらを重視することになります。

近い年代の同僚がいること

どうせアルバイトをするなら年が離れた人が多い職場よりも、年が近い人が多い職場のほうが楽しく働けると考える人が学生の中では多くなってきています。これにはアルバイトしているついでに友達になれるような人材をさがし、アルバイトのみならずプライベートでのつき合いも期待でき、友達を増やして人脈広げようという考えがあります。

自分のやってみたかったことである

アルバイトをする上で色々な職種があり、選択するのに迷ってしまうことから、どうせアルバイトをするなら実態が分からないものより分かるもの。どうせなら興味のあるものをやってみようという意識が学生の間では強まります。これは興味のあるものを実際に体験し自分に向いているか否か、実際に体験した上で更に興味が湧くかの将来を見据えた職業体験のような要素が含まれています。

まとめ

ここまで色々と話してきましたが学生は他の年代とは違いアルバイトに求めているものが、学生特有のものになってきます。学業の合間を縫って働くことからどうせなら短時間で、できるだけ多く稼げる高収入のものや、良く分からないアルバイトよりも自分の今興味があるものに手を出して、将来の職業選択に生かそうと考えます。またアルバイトをするなら年の離れた人が多い職場よりも、年が近い人が多い職場で働くことによって、その中から友達を見つけ更なる人脈を広げようと考えます。