長期間シフトに入れないとクビになる?アルバイトの退職扱いについて

どうしても都合がつかずにアルバイトのシフトには入れないことはよくあることですが、その期間が長引くとどうなるのでしょうか。今回はシフトには入れないことと退職の関係についてまとめました。

一方的に退職扱いされることはほとんどない

シフトに入っていない期間と退職の関係についての一つのラインは1ヶ月です。シフトに入っていない期間が1ヶ月を超えると、退職扱いを受けることがないとは言い切れません。しかしアルバイト先から一方的に退職扱いされることはさすがにありません。「1ヶ月以上出勤していないけれど、今後はどうするのか」といった具合に、辞める意志があるのかどうかを確認する連絡が必ずあるはずです。 あまりに働いている人数が多く、個人個人の出勤希望をきちんとチェックしていないというところであれば(ほとんどないと思われますが)、誰がどのくらいの期間シフトに入っていないのかを把握できておらず、1ヶ月以上出勤がなかったとしても気付けないということがあるかもしれません。 何にせよ、毎回のシフト提出をしっかり行っていれば、一方的に退職扱いをされることはまずありません。長い間連絡が取れない人は「バックれた」と認識して退職とみなすケースもあるので、シフトの連絡だけは最低限行いましょう。

長期間出勤できないのなら事前に言っておく

何か特別な用事があって長い期間シフトに入ることができないとわかっている場合は、あらかじめアルバイト先にその旨を連絡しておくようにしましょう。また、その際に「いつまで入ることができないのか」という具体的な期間を伝えることが重要です。 長期間の休みがあると、場合によっては「どうせ出勤してこないだろう」と勝手に思われて、アルバイト先からの連絡がないままシフト提出期間が過ぎてしまうことがあります。存在をなきものにされるのは一番怖いことです。それを防ぐためにも「働く意志はあるのだけれど、どうしてもシフトに入ることができない」ということをきちんと伝えましょう。

もし本当に退職したいときも連絡はきちんと取ろう

あなたが本当にアルバイトを辞めたいと思ったときも、アルバイト先と連絡を取ることは必要不可欠です。断りもなく出勤しない状態が続くと店舗としては新しいアルバイトの採用活動をしなければいけませんし、やるべきことが増えます。 また、退職するなら退職するでそのための書類や手続きも必要になるので、勝手に出勤するのをやめるのではなく、お互いの合意のもと、段階を踏んで退職するようにしましょう。