順序をしっかりと踏んでいこう!アルバイトの退職方法には注意しよう

アルバイトを辞める理由は人それぞれの事情がありますが、辞めないといけない時期が必ず来てしまいます。その際、退職の順序や節度を守った行動をしていかないと、トラブルの引き金や周りの人に迷惑をかけることになってしまいます。そこで今回はアルバイトを退職する際の正しい順序や行動について話していきたいと思います。

退職したいと切り出すタイミング

職場から退職者が出るとなると当然ながら人員が一人減ることとなります。その際、この削減された人員の穴を埋めなくてはならなくなるので代わりの人員を補充しなくてはならなくなってしまいます。そのことから退職を切り出すタイミングは、代わりの人員を募集し採用する期間を見積もり、最低でも一か月前には店長や責任者にメールや電話ではなく直接伝えておきましょう。直ぐに辞めたいと言い出すことや勝手に辞めてしまうのは常識としてあり得ないので、このことを考慮して行動しましょう。

周りの人に言い出すタイミング

店長や責任者に退職することを告げたら、次に退職することを言っておかなければならないのが同じ職場で働く同僚たちです。その際気を付けないといけないのが言い出す順番です。まずは上記で話した通り店長や責任者の耳に最初に情報が入るようにしておきましょう。もし最初に仲の良い同僚などに話してしまうと、そこから間接的に店長や責任者の耳に入ってしまい、双方の意見の食い違いなどを発生させる原因となり思わぬトラブルを引き起こしてしまいます。 そのことから立場が上の人から順に退職するという話が耳に入るようにして、トラブルを回避し気持ちよく退職の日を迎えましょう。

最後まで全力で

上記の2つを実行したら次に気をつけないといけないのが、退職までの仕事の向き合い方です。退職するということは、もうその職場とは関係なくなってしまうことになりますが、だからといって仕事をいい加減にやることやサボるなどの行動は絶対にしてはいけません。退職することになっても退職の日まではアルバイト社員であり雇用先から給与を貰うことになるので、その分の労働をしなくてはなりませんし、なにより他の同僚たちはこれからも当然そこでアルバイトをしていくので、その人達にあの人は良い人だったという印象を退職してからも持ってもらえるよう、その人達がこれからも気持ち良く働けるために自分も全力で働きましょう。

まとめ

ここまで色々と話してきましたがアルバイトを退職する際は、しっかりとした順序や行動をしていかないと思わぬトラブルの元になってしまいます。退職を切り出すタイミングや告げる人の順番をしっかりと把握し周りに迷惑をかけないようにしていきましょう。また退職が決まったからといって仕事の手を抜いたり、サボることなどは絶対にさけ、退職した後もその職場の人に良い人だったと思ってもらえるように退職の日まで全力で働きましょう。