高校生はバイトするべき?どんな仕事がある?学校との両立は大変?

高校生になると友達付き合いが増えたり、部活の遠征費や道具代などお金が必要になることも多くなるでしょう。もし通っている高校が禁止をしていないのであれば、アルバイトをしてみましょう。お金を稼げるだけでなく、様々な経験ができるかもしれません。

どんな仕事がある?

高校生でも働くことのできるバイト先にはどんなものがあるでしょうか。メジャーなものとしてはコンビニやファミレス、ファーストフード店がなどが挙げられます。また、一日限定のイベントバイトや引っ越し等の軽作業のバイト、チラシ配りも高校生可である場合が多いです。高校生だからバイトの選択肢が少ない、ということはあまり感じられません、自分にできそうなもの、興味のあるものを選びましょう。

部活や授業との両立

高校生の本分は学業です。部活に打ち込む人も少なくないでしょう。それらとバイトを両立することができるのか、ましてや初めてのバイトなら余計自信がないという人も多いかもしれません。学校が終わる夕方から夜の22時まで働いたり、学校や部活のない休日に単発で引っ越しバイトや工場での仕分けバイトをして上手く両立している高校生は沢山います。もしも不安なら、まずは夏休みや冬休みといった長期休暇を利用して期間限定のバイトをするという選択肢もあります。

高校ではできない経験ができるかも

せっかくバイトをしているのですから、ただ単にお金を稼ぐだけでは勿体ありません。バイト先では高校と違って様々な年代の人が働いています。自分より少し年上の大学生やパートの主婦、正社員の人たちなど、学校の同級生とは違った話が聞けたり、あなたにとって未知の価値観や考え方に触れる良い経験ができることでしょう。接客のバイトであればお客さんとのやり取りの中であなたを成長させてくれることがきっとあるはずです。また、社会に出てから必要な最低限のマナーや言葉遣い、一般常識も身に付きます。

あくまで学校生活に支障が出ないように

前述したように、高校生であるからには学校生活が第一であるべきです。バイトを頑張りすぎて授業や部活に身が入らないとあっては本末転倒です。自分に無理のない働き方で長く続けられる条件のバイトが見つけられるといいですね。