なぜアルバイトを直ぐ辞めてしまうのか?今一度冷静になりよく考えてみよう

アルバイトを辞めてしまう原因として、家庭の事情や体調面、学業の問題など辞めざるおえない明確なものもありますが、特に明確なものはないが何となくアルバイトを辞めてしまう人もいるとおもいます。今回はそんなアルバイトが長続きせず、直ぐに辞めてしまう人の原因を話していきたいと思います。

思っていた仕事内容と違った

最初に考えられるのが働く前と働いてみてからの仕事内容の不一致です。しかし実際に働いてみると多かれ少なかれ思っていた仕事内容と違かったなんてことは必ずあります。これは自分の思い込みや知識不足が原因なこともあり、雇用先が悪い訳ではありませ。まずはアルバイトとして働く為に面接を受ける前段階から自分でネットや雇用先に出向いて実際に働いている姿を見学して、知識として身につけるなどの最低限の努力が必要ですし、多少仕事内容が違ったからというって、辞めようとするのではなく、そこから新たな目標を見つけられるように意識しておく必要があります。

労働条件の不一致

次に考えられるのが労働条件の不一致です。まずアルバイトとして雇われる時に自分が働けそうな時間や曜日を雇用先に伝えるとは思いますが、必ずしもその意見が通ると考えないようにしておきましょう。どの会社でも忙しい時間帯や忙しい時期というものがあり、当然その時に人員が多く必要になのは当たり前のことです。全く自分の予定を組み取ってくれない雇用先は論外ですが、組織の一員として働きお金を頂く以上、多少の折り合いをつけなくてはなりません。

人間関係

最後がアルバイト先での人間関係です。これは実際にアルバイトとして働いてみないと、他にどんな人が働いているのか分からないので運的要素が強いですが、アルバイト先は学校とは違い様々な年代の人が働いる可能性がありそれだけ色々な人がいます。学校と いう近い年代の中でも気が合わない人は必ずいると思いますが、年代が違うアルバイト先で更に気の合わない人に出会ってしまうかもしれませんが、これは様々なタイプの人間を知るチャンスでもあり、様々な人と共存していく練習でもあるのです。

まとめ

ここまで色々と話してきましたがアルバイトを直ぐに辞めてしまうのには必ず原因があります。自分の知識不足や勘違いから労働条件や仕事内容の不一致を招いてしまうことも少なくはありません。またアルバイト先の人間関係においても、直ぐに自分に合う、合わないなどを決めつけず、色々なタイプの人とふれあえるチャンスだと認識を変えていく必要があります。